「新聞トレンド」を始めました

トレンドを伝える情報は世の中に数多くあります。メディアのニュースは新しいトレンドを日々発信していますし、インターネットはユーザーの関心をリアルタイムで計測して、新たなトレンドの発信源になっています。

「新聞トレンド」は、約80紙の新聞紙面から、トレンドをウォッチする情報ツールです。膨大な新聞記事を時系列でたどることで、そのなかにある大きな変化、小さな兆しを可視化します。記者と編集者の手を通して記録された新聞記事から、新しい気づきやビジネスのヒントをお届けします。

  • 新聞トレンドの概要
    関心のあるキーワードが全国の新聞記事でどのくらい取り上げられているかを簡単にチェックできます。全国紙から地方紙、業界紙・専門紙まで、約80紙の日刊紙に掲載された過去5年分の記事を検索し、キーワードを含む記事本数を分かりやすくグラフ表示します。

    注目のイベント、話題の人物、新語や新製品が新聞紙面に登場した件数(記事本数)から、ニュースバリューの高さやトレンドの変化を知ることができます。ライバル同士を比べてみたり、前の年と比較してみたりと、いろいろな使い方をパソコンでもスマートフォンでも手軽にお試しいただけます。

 

  • 新聞トレンドの使い方
    • キーワードは1つの検索ボックスに1つずつ、最大3つまで入力できます。
    • 検索対象は計84紙(全国紙4紙、地方紙49紙、業界紙・専門紙27紙、スポーツ紙4紙)です。※対象媒体は変更になることがあります。
    • 検索対象期間は直近5年間で、グラフ表示を5年間、1年間、3カ月、2週間に切り替えることができます。検索したキーワードを含む記事の掲載本数が多い上位3紙と記事本数も表示します。

 

  • 特長と機能
    • 新聞トレンドは、日経デジタルメディアが運営する会員制ビジネスデータベース「日経テレコン」の記事データベースを使い、記事本数を集計しています。
    • 入力時や入力後に表示されるキーワード候補は、日経デジタルメディアと言語理解研究所(徳島市)が共同開発した自動記事分類エンジンT-laeiにより抽出しています。例えば、「ライオン」と入力すると、「会社:ライオン」「一般:ライオン」というキーワード候補を表示します。会社と動物のライオンを区別し、検索結果の精度を高めることができます。
    • 検索した結果は、TwitterやFacebookでシェアできます。検索結果のグラフを印刷で出力することもできます。

 

  • 開発の狙いと背景
    会員制データベースの日経テレコンは、ビジネスユースに最適化した高性能な検索システムを備え、時系列で蓄積した国内外の新聞記事を高い精度で検索することができます。新聞トレンドは、その検索基盤を使い、記事データベースや情報検索の新たな可能性を探る目的で開発しました。多くの皆様に幅広くご利用いただくことを通じて、検索技術の強化や新サービスの開発に取り組んでいきたいと考えております。

 

2015年4月20日
日本経済新聞デジタルメディア